コロナの時代、あるのは自分の本質しかない


2020年大きな社会構造の変化が起きています。

いや、強制的に起きてしまっています。

それは、日本だけではなく世界も含め、地球全体でです。


その中で自分がどう生きていくかを自分自身で決定しなくてはなりません。

残念ながら、古い戦略は捨てなければならない



そうやって、従来の私たちの今までの古い戦略というのは全く通用しない時代になってしまいました。

本来であればそれを自分で意図して、それぞれのライミングで目覚めて変えていくというのが理想的でした。

しかし、今回に限っては強制的にそれを変えざるを得ないという状況になってしまっています。

もう一度言いますが、今までの私たちの旧来の戦略というのは通用しなくなっています。

自分のコアに目覚めるしかない



そうなった時、自分自身が目覚め、どう生きるのかそれがとてもとてもとても重要になってきます。

つまり、外側の世界に合わせてきた今までの生き方というのではなく、

より自分の内側のコアの部分に沿った生き方じゃないと生きられなくなってくるそんな世界になっています。

急激に変化して、崩壊し続ける外側の世界に合わせるということはもうほぼ無理だと言っても過言ではありません

とにかく自分の本質に沿って生きるということが要求される時代です。

もう自分と向き合うことから逃げられない





“自分は何者か”というものを強制的に突きつけられる時代です。

自分に向き合わざるを得ない状態です。

今回それが意図せずこの強制的なイベントによって起こされてしまったということは、非常に突然すぎたとも言えます。

とにかく私が言いたいのは”自分が何者であるか?”

自分のコアの価値観は何なのか?

それを明らかにしていくしか道はないと思います。

それは一般的に自分の人生のビジョンを定めるということと同義です。

しかし、それは社会の価値観や時代の流れではなく、まず自分の内側の揺るぎない部分にフォーカスを当てなければなりません。

そのビジョンに沿って自分が世の中にどう自分自身を表現していくのか?

そこに尽きると思います。

とにかく失われてしまった今までの仕組みや構造、システムというものは戻ってきません。

でも自分の中にあるものというのは常に共にあります。

どんな状況であろうと、自分が自分でいるしかないというのが結論なのです。

東京都内でアカシックリーディング 遠隔WEBセッションで全国に対応中

 ◆スピリチュアルセッション・アカシックリーディングVayu 各メニューリンクへ TOPへ→Click!ご予約ページはこちら!